実践!アフィリエイトマニュアル


ホーム > アフィリエイトの税金 >

節税−配偶者を雇う

アフィリエイトで収入が増えてくると、おかしな言い方ですが、経費の捻出が難しくなってきます。そんな場合は配偶者を雇うことを考えてみましょう。従業員として配偶者に給与を支払うことは、専従者給与と言ってきちんと認められています。給与として支払った分は、売り上げから差し引くことができます。

例えば、奥様に毎月3万円のお小遣いを渡していている場合なら、この3万円を給与という形で支払えば、売り上げから差し引くことが可能になります。もちろん何もしていない奥様に、形だけお給料を払うのは違法です。しかし考えてみてください。奥様に、仕事で必要な物を買ってきて貰ったり、振込みを頼んだり、あるいはデスクの掃除をして貰ったりしたことはありませんか?このような事は立派な業務といえます。個人事業の場合、むしろ配偶者が仕事に関わらない事の方が珍しいのです。

そのような業務の対価として、配偶者に給料を支払うのであれば全く問題はありません。配偶者に時間があるようなら、メールのチェックやサイトの管理をして貰い、もう少し高いお給料を払うことも可能です。この時、配偶者の専従者給与が103万を超えると、配偶者にも所得税がかかってきますので注意してください。

さて最後に・・・配偶者を雇うのには、2つ条件があります。まず一つは配偶者が無職であること、専業主婦ならもちろん問題はありません。そしてもう一つの条件が、税務署に専従者給与に関する届出をしなくてはいけません。因みにこの専従者給与は、同じ世帯で生活する人すべてに認められていますので、働ける年齢の子供や、親等に同じ業務をしてもらい給与を支払うことも可能です。


現在地: ホーム > アフィリエイトの税金 > 節税−配偶者を雇う


サイト利用についてプライバシーポリシーリンクについて

© 実践!アフィリエイトマニュアル. All Rights Reserved